ユーザーガイド/リファレンスガイド

バランシング設定をする

NATロードバランサーはVIP(グローバルIPアドレス)にアクセスがあった場合、バランシング先の対象として設定されているサーバーにリクエストを振り分けます。
以下ではS-port cloud EVA のコントロールパネルからバランシング対象の設定方法をご案内します。

 

 

コントロールパネルの操作手順

[ 1 ] 左メニューより [ネットワーク] をクリックします。

 

 

[ 2 ] ロードバランサーからロードバランサー設定内に表示されているVIP(グローバルIPアドレス)をクリックします。

 

 

[ 3 ] 「バランシング元ポート」から利用するポートを選択の上、[設定] アイコンをクリックします。

 

 

 

[ 4 ] 各項目をご選択の上、[+] をクリックします。

バランシング方法 ロードバランサーの分散方式を指定します。
プロトコル 通信プロトコルを指定します。
ヘルスモニタ バランシング先のサーバーに対してのヘルスチェック(死活監視)のルールを指定します。

 

 

[ 5 ] 「バランシング先IPアドレス」にて対象サーバーを選択の上、[保存] をクリックします。

 

以上でコントロールパネルからの設定は完了です。
サーバー側でiptablesやセキュリティグループ等でホスト制限をされていたり、サービスが起動しておらずポート待ち受けがされていない場合、バランシングの通信ができない事がございますので、あらかじめご確認ください。

なお、コントロールパネルに表示されていないポートのバランシング設定につきましては、APIにて設定いただくことができます。